若年性脱毛症になりやすい女性の特徴【20代〜50代】

女性の若年性脱毛症

 

若年性脱毛症は、若い人から中高年と呼ばれる年代の人まで発症する脱毛症です。原因は人によって異なりますが、生活習慣や体質などが原因となって若年性脱毛症になりやすい人がいるのも事実です。

 

もちろん当てはまっているからといって絶対若年性脱毛症になる、というわけではありませんが、それでも発症リスクは高くなります。

 

ですので、若年性脱毛症になりやすい人の特徴をチェックして、自分にも当てはまる部分があったら改善していきましょう。年代別になりやすい人の特徴をご紹介します。

 

20代女性で若年性脱毛症になりやすい人

 

派手なカラーリング

 

20代で若年性脱毛症になりやすい人の特徴は、意外かもしれませんが、美意識が高く流行に敏感だということです。

 

普通美意識が高ければ、ヘアケアにも手を抜かないので薄毛になったりしないのでは、と思うかもしれません。

 

ですが美意識が高い人はカラーリングをすることも多く、ちょっとでも伸びて色が変わると、みっともないのでこまめにカラーリングをします。

 

また、流行に敏感だとファッションに合わせたカラーリングやパーマなど、ヘアスタイルにもしっかり流行を取り入れます。カラーリングやパーマは頭皮にダメージを与えるため、いくら若くて回復力が高いといっても、ダメージが蓄積して人より早く毛根組織が衰えてしまうのです。

 

30代女性で若年性脱毛症になりやすい人

 

家事多忙

 

30代ともなると、あらゆる面でストレスを受けることが多くなります。育児をしている方だと、子供の教育やしつけ、家事の忙しさ、ママ友の付き合いなどがありますし、自由に動けないのでストレス発散もできません

 

仕事を持っている場合は、責任のある地位につく年代でもありますし、パートなどでも下からも上からも頼りにされることが多く、余計なストレスが溜まります。

 

このように、ストレスを抱える環境にある30代の方は、自律神経のバランスが崩れて血流が低下し、毛乳頭細胞への栄養が不足して抜け毛が増えるため若年性脱毛症になりやすいのです。

 

40代から50代女性でなりやすい人とは?

 

更年期

 

40代から50代は加齢の影響もあるので、どんな人でも若年性脱毛症にかかるリスクがありますが、特にホルモンバランスが崩れている人ほど若年性脱毛症に注意が必要です。

 

女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少しますが、それだけではなく、睡眠不足や疲労、ストレス、栄養の偏りなどでも減少してバランスが崩れてしまいます。

 

40代や50代は、本来なら自分の体の変化に気をつけてケアをする必要があるのですが、家のことや家族のことで自分のことは後回しという方も多いでしょう。そのせいでホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが優位になって若年性脱毛症になりやすいのです。

【女性】若年性脱毛症の治療に特化した病院ランキング!

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニックは、女性の髪の悩みに特化した治療を行ってくれる専門クリニックです。東京という名称がついていますが、名古屋や大阪、福岡、札幌などにも支店があります。

 

病気による通院のように毎日通うわけではないので、どのクリニックも駅から徒歩3分ですから範囲にあれば効果的な薄毛治療が受けられます。

 

発毛満足率99.4%という結果は、治療を始めてから4ヶ月から6ヶ月目で見た目に変化が現れるという東京ビューティークリニックの治療法ならではの満足度と言えます。

 

マイクロスコープ診断で頭皮をチェック

 

薄毛の原因の一つと言われる頭皮環境の悪化は、自分では分かりにくいものですし、第三者に見てもらってもどのような状態かは判断しづらいです。東京ビューティークリニックでは、肉眼では分からない頭皮の状態や髪の状態をマイクロスコープによるチェックを行っています。

 

マイクロスコープは頭皮専用の顕微鏡のようなもので、髪が抜ける原因を正確に判断するために、専門カウンセラーが映像を見ながらカウンセリングをしてくれます。

 

髪の密度、毛穴から生える髪の本数、髪の太さ、頭皮状態をしっかり確認することで、より効率よく的確な治療を行うのが東京ビュテーィークリニックの若年性脱毛症治療の最大の特徴です。

 

カウンセリングも頭皮診断も無料

 

一般的に、医療機関は初診料を支払わなくてはいけません。そのため、薄毛を治療したいけどまだ気持ちが固まっていない、本当に効果があるのか不安など、クリニックに疑問を抱えている方はカウンセリングを受けることもためらってしまいがちです。

 

ですが東京ビューティークリニックはカウンセリングは無料ですから、治療を受ける受けないに関係なく、薄毛の相談をすることができます。さらに頭皮診断も無料で行ってくれるので、頭皮環境がどのような状態になっているかも把握できます。

 

カウンセリングを受けたら勧誘がしつこいのでは、と思うかもしれませんが、無理な勧誘はいっさい行われていませんから、薄毛で悩みを抱えてる方はカウンセリングだけでも受けてみるといいですね。

 

キャンペーンでお得に発毛

 

エステサロンなどでは頻繁にキャンペーンが行われますが、クリニックでは正規の料金での治療が一般的です。ですが、東京ビューティークリニックでは「発毛実感!部分モニター募集」というキャンペーンを行っています。

 

オリジナルの発毛薬とDr’sメソッドを使用した発毛コースが最大30%オフで受けられるというのは、東京ビューティークリニックならではの特徴です。女性の若年性脱毛症の治療は高くて手が出せない、という方でも、このキャンペーンを利用すれば気軽に始められますね。

 

湘南美容外科クリニックは、美容外科ではもっとも知名度が高く実績もある湘南美容外科がプロデュースしている薄毛治療専門クリニックです。湘南美容外科の豊富な臨床例を活かし、多角的な治療で女性の薄毛にアプローチしてくれる湘南美容外科クリニックは、若年性脱毛症の治療に抵抗のある女性でも気軽に相談できるのが魅力です。

 

選べる薄毛治療

 

一般的なクリニックでは薄毛の治療方法の種類が限られているため、ほとんど自分で選択することができません。しかし、湘南美容外科クリニックは、あらゆる治療法が揃っていますから、医師と相談しながら自分がやりたい治療を選ぶことができるのが特徴です。

 

パントガールなどを用いた内服薬治療、パントスチンなどを利用して行う外用薬治療、他にもヘッドスパや毛髪再生メソセラピーなどいろいろな治療法が用意されています。治療を行う上で重要なのは、治療法に対する信頼と安心感です。

 

湘南美容外科クリニックなら、自分が抵抗のある治療法を行う必要がないので、メンタル的にも育毛効果を高めることができます。

 

確実な効果を得られる治療法

 

薄毛治療は、育毛剤を用いて自分の発毛力を高めるのが一番ですが、薄毛の原因によってはどうしてもそれだけでは育毛できないこともあります。湘南美容外科クリニックには、毛髪再生メソセラピーコースや女性用ARTAS自毛植毛などの治療法も行っています。

 

毛髪再生メソセラピーは、切らない、針を使わない薄毛治療なので、薬を使った治療よりも確実に素早く薄毛を解消できます。自毛植毛もロボットを使って毛髪を採取するシステムなので、従来の自毛植毛のように髪の採取箇所を切り取ることなく植毛ができます。

 

このように、確実に薄毛を治療する方法が用意されているのも、湘南美容外科クリニックならではの特徴です。

 

交通費サポート制度

 

湘南美容外科クリニックは、現時点では新宿や大阪、福岡、仙台にありますが、周辺地域以外の方にとっては通いたくても交通費の負担が大きいという悩みもあるかもしれません。そんな方のために、湘南美容外科クリニックでは交通費サポート制度が設けられています。

 

治療の総額費用や各医院の条件によって支給額や対象者は異なりますが、支給対象となった場合は交通費を支給してもらえます。

 

また、手術が必要な場合は、当日分のみですがホテル代も支給されます。もちろん上限があり、それを超えた分は自費になるものの、それでもこのサポートがあれば遠方からでも通いやすいので、この制度も含めてカウンセリングで話を聞いてみるといいでしょう。

 

再生医療と自宅での治療サポートを組み合わせることで、実感できる発毛を実現したのが聖心毛髪再生外来です。薄毛を改善するには、育毛剤を使ったり生活習慣を改善するなどの方法がありますが、これだけでは治りにくいのが女性の若年性脱毛症です。女性の命とも揶揄させる髪の悩みを根本から解決することができる、最先端の薄毛治療である「再生医療」を取り入れた聖心毛髪外来は、女性の救世主とも言えるでしょう。

 

80%が発毛効果を実感

 

聖心毛髪再生外来では、再生医療の中でももっとも発毛効果が高いと言われるプレミアムグロースファクター再生療法を取り入れています。

 

この再生治療では、ケラチンの増殖を促進するKGFという成分を、従来のグロースファクター治療の約70倍にもなる超高濃度配合しているので、どんなタイプの脱毛症であっても発毛を促し抜け毛を減少させます。

 

また注入法は、痛みの少ないエレクトロポレーション法と短時間で施術ができるダーマスタンプ法の2種類用意されていますから、自分にあった治療法が選べるという特徴もあります。

 

自分の毛根を再生する

 

薄毛や抜け毛は、毛根の発毛機能が低下することによって起こります。この毛根の機能を活性化して、髪を成長させる毛根へと再生するのが最新の毛髪再生治療法となるケラステム毛髪再生です。

 

幹細胞を注入すると、毛根の周囲にある成長因子を作る脂肪前駆細胞が活性化するので、休眠状態の毛根を成長期に移行させることができます。

 

成長期に入った毛根は、毛乳頭細胞の分裂などを活性化して髪を成長させて発毛を促します。自分の毛根機能を再生するという最新の治療法を取り入れているのも、聖心毛髪外来の大きな特徴です。

 

最先端の再生医療をリーズナブルに体感できる

 

聖心毛髪外来では、最新の再生治療であるケラステム毛髪再生治療や毛髪再生に必要なすべての治療が受けられるトータルパッケージプランのモニターを募集しています。髪の毛の再生治療は基本的に保険が効かないため、確実な効果が得られるものの費用はそれなりにかかってしまいます。

 

ですが、モニターなら破格の料金で再生治療を受けられます。例えばケラステム毛髪再生の場合、通常価格150万円のところモニター価格なら60万円、毛髪再生トータルパッケージプランは約275万円が100万円です。

 

発毛効果や抜け毛の減少効果が、ほぼ確実に得られる再生治療をこれだけお得な価格で受けられるキャンペーンを行っているのは、聖心毛髪再生外来の一番の特徴とも言えるので、薄毛に悩んでいる方は一度カウンセリングを受けて見るといいですね。

女性用育毛剤パントガールとパントスチンの効果と副作用

育毛剤というと男性向けのものが多いですが、女性の薄毛には女性専用の育毛剤を使う必要があります。その理由は、男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違うことが多く、男性用の育毛剤では効果がなかったり、頭皮トラブルが起こったりするからです。

 

頭皮トラブル

 

女性の薄毛にしっかりアプローチして育毛効果が期待できるのは、パントガールパントスチンという女性用育毛剤です。どちらも同様に育毛効果が期待できますが配合されている成分に違いがあるので、それぞれの効果と副作用をチェックして、自分に合ったものを使いましょう。

 

パントガールの効果と副作用

 

パントガールは世界で初めて発毛を促進する内服薬として認められた、女性の薄毛の治療薬です。3ヶ月間行われた臨床試験では、70%の人に抜け毛の減少という効果があり、20%は抜け毛がほとんどなくなるという状態まで改善されたという結果になりました。

 

この結果から、パントガールには抜け毛を改善する効果があります。特に髪の毛が全体的に薄くなる症状に効果があると言われているので、若年性脱毛症はもちろんびまん性脱毛症の改善にも有効です。

 

男性用の薄毛治療薬には副作用が認められていますが、パントガールには現時点では重篤な副作用の報告はありません。あえて挙げるとすれば、喉の渇きやめまい、吐き気などの副作用が起こることもありますが、絶対起こるものではないので心配しなくて大丈夫です。

 

パントスチンの効果と副作用

 

パントスチンには、テストステロンという男性ホルモンが、若年性脱毛症の原因にもなるジヒドロテストステロンに変性されるのを抑制する作用を持つアルファトラジオールが配合されています。

 

ジヒドロテストステロンは髪の成長サイクルを狂わせたり、毛根組織にダメージを与えて抜け毛を引き起こします。このホルモンの生成を抑制するので、女性の若年性脱毛症や女性男性型脱毛症(FAGA)の改善効果があります。

 

また発毛機能を回復する働きも持っていますから、髪の成長を促す効果も得ることができます。パントガールと同様に、副作用はほとんどなく、あるとしても配合されているアルコールによる炎症ぐらいですから、長期間使用しても問題ありません。

 

どちらが育毛に効果的?

 

どちらを使うのが効果的かは、脱毛の症状によって異なりますが、抜け毛を防いでしっかり育毛したいという方は両方使うのがベストです。パントガールは育毛に特化した効果があり、パントスチンは脱毛ホルモンを抑制する効果に優れています

 

つまり育毛に効果がある点では同じなのですが、それぞれに育毛へのアプローチが異なるため、併用するのがもっとも効果的な育毛法なのです。

女性用リアップの特徴や効果、副作用

リアップは男性型脱毛症に効果がある男性専用育毛剤として販売されていた医薬品で、ホルモンに働きかける作用を持つ成分が配合されていたため、女性の使用は禁止となっていました。

 

女性の薄くなった髪

 

しかし、近年は薄毛に悩む女性の増加に加え、男性型脱毛症と同じ原因を持つ若年性脱毛症になる女性が増えたことから、女性用リアップであるリアップレディが発売されました。

 

現在はリニューアルされて、リアップジェンヌという商品名で販売されている女性用リアップは、女性の薄毛の改善効果が期待できますが、特徴や効果、副作用をきちんと知った上で使いましょう。

 

女性用リアップの特徴

 

女性用リアップの特徴は、男性用リアップの有効成分でもあるミノキシジルが有効成分に使われていることです。今まではミノキシジルは女性の薄毛に効果がないとされていたので、女性用の育毛剤に配合されることはありませんでした。

 

しかし近年は、脱毛症の種類によって女性の薄毛の原因と男性の脱毛症の原因が同じであることが分かったため、女性用リアップには有効成分としてミノキシジルが配合されているという特徴があるのです。

 

女性用リアップの効果

 

女性用リアップの効果というのは、ミノキシジルによる血管拡張作用によって血行を促進し、毛乳頭細胞を活性化することと、脱毛ホルモンを作り出す5αリダクターゼの働きを阻害することです。血行が悪くなると、頭皮の柔軟性がなくなって硬くなり、栄養が行き渡らずに毛乳頭細胞の働きが衰えます。

 

毛乳頭細胞が分裂しないと髪の成長がストップしてしまうので、血液の流れが改善されれば、髪の成長サイクルを正常化して抜け毛を防ぐことができます。

 

また、髪の成長を阻害したり皮脂の分泌量を増やすジヒドロテストステロンを作る5αリダクターゼの働きが抑えられて、ジヒドロテストステロンが減少すれば、髪もきちんと成長しますから薄毛を解消できます。

 

女性用リアップの副作用

 

女性用リアップの有効成分であるミノキシジルは、もともとは高血圧の治療のために使われていた成分です。そのため急激な血管拡張作用で血圧が下がったり、心拍数が増加したり、循環器系の機能の状態によっては心筋梗塞などの副作用が起こることがあります。

 

また、頭痛やめまい、むくみやしびれなどの神経症状やかぶれ、かゆみなど皮膚疾患が起こるリスクがあるのは理解しておきましょう。医薬品と言っても処方箋ではありませんから、万が一重篤な副作用が起こっても自己責任になってしまうので、使用上の注意をしっかり確認して、用法用量を守って使用しなくてはいけません。

女性の若年性脱毛症に男性のプロペシアを使用したら

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)と診断された人に処方される薬で、男性型脱毛症の症状の改善に優れた効果があります。薄毛に悩んでいる若年性脱毛症の女性からすると、薄毛を改善できるというだけで使ってみたくなるのは当然かもしれません。では、女性の若年性脱毛症にプロペシアは効くのでしょうか?

 

女性の生え際

 

プロペシアは女性に効果があるの?

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分ですが、この成分は発毛サイクルを乱して抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンを阻害する作用を持っています。ジヒドロテストステロンはもともとテストステロンという男性ホルモンで、5αリダクターゼという還元酵素gテストステロンと結合することによって作られます。

 

フィナステリドは5αリダクターゼがテストステロンと結合するのを阻害する働きがあるので、男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制して抜け毛を防ぎ薄毛を改善していきます。つまり、女性の薄毛の原因が男性ホルモンや5αリダクターゼではない場合はまったく効果がないのです。

 

試しに使ってみても良いのか?

 

薄毛の原因を正確に把握するのは難しいので、とりあえず試しにプロペシアを使ってみたい、という女性もいるでしょう。しかし、基本的にプロペシアは女性は使ってはいけません。フィナステリドは男性ホルモンなどに働きかける作用を持っているため、特に妊娠中の女性は注意が必要です。

 

フィナステリドには、胎児の生殖器異常を引き起こす副作用があることがわかっているので、服用はもちろん触れることも禁忌となっています。また、妊娠していなくても婦人科系の病気が起こるリスクがあるので、試す試さないではなく絶対に服用してはいけません。

 

女性の若年性脱毛症の解決法

 

プロペシアは薄毛の改善効果が高い薬ですが、あくまでも男性型脱毛症だけに効果があるので、同じような原因で起こる若年性脱毛症であっても使用しないでください。若年性脱毛症を安全かつ確実に解決するには、女性の薄毛治療を行っているクリニックの無料カウンセリングを利用するのがオススメです。

 

クリニックでカウンセリングをしてもらえば、抜け毛や薄毛の原因がある程度しぼり込めるので、それに合わせた対策を行うことができます。もちろん、費用や治療法、効果に納得すればそのまま治療を受けてもいいですし、アドバイスだけもらって自分で対策を行っても構いません。

 

若年性脱毛症の原因は一つではなく、複数の原因が重なっていることもあるので、専門知識を持っている人に診てもらうのが解決への一番の近道です。

女性の若年性脱毛症に育毛メソセラピーは効果的か?

最近、男性型脱毛症の改善効果が高いことで注目されているのが、育毛メソセラピーという治療法です。最先端の男性型脱毛症治療とも言われているので、男性型脱毛症と原因が共通する部分もある女性の若年性脱毛症にも治療効果が期待できるのでは、と思う方も多いでしょう。では、実際に育毛メソセラピーは効果があるのでしょうか。

 

メソセラピー

 

育毛メソセラピーとは?

 

育毛メソセラピーは、発毛や育毛に有効とされる成分が配合されている薬液を、患部に直接浸透させる治療法です。一見、育毛剤を使うのと同じような治療法ですが、セルフケアで行う育毛とはまったく違います。

 

薄毛治療でいうと発毛療法に分類される育毛メソセラピーは、単に頭皮に薬液を塗るというのではなく、注射器などで毛根組織にダイレクトに医療薬を注入します。髪を成長させる毛包に直接有効成分を与えることができるので、発毛と育毛の2つの効果を得られます。

 

若年性脱毛症への効果

 

育毛メソセラピーは男性型脱毛症の治療法として知られていますが、他のタイプの脱毛症にも効果があると言えます。というのも、どんなタイプの脱毛症であっても、髪が抜けたり生えなくなるメカニズムは同じだからです。

 

男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロンというホルモンが髪の成長サイクルを乱すことで、若年性脱毛症は不規則な生活やホルモンバランスの崩れ、栄養不足などあらゆる原因が挙げられますが、どんな原因でも毛根組織の機能が低下するから髪が抜けたり生えてこなくなったりします。

 

育毛メソセラピーは、毛根組織に働きかけて発毛を促す治療法なので、若年性脱毛症であっても毛根組織を活性化して髪の成長をサポートできるのです。

 

短期間で効果を実感できる

 

女性の若年性脱毛症は、ダイエットやストレスなど生活の中に主な原因があると言われています。そのため、生活習慣を改善したり食事に気をつければ若年性脱毛症を改善できるのですが、一度機能が低下した毛根組織を活性化させるのは簡単なことではありません。

 

育毛剤などで頭皮の血行を促進しても栄養を与えても、本来の機能を取り戻すにはかなりの時間がかかるので、それまでは薄毛の状態が続きます。ですが、育毛メソセラピーは毛根に直接薬液を浸透させて毛乳頭細胞の分裂を促すので、セルフケアと違って短期間で発毛機能を活性化できます

 

もちろん効果に個人差はありますが、クリニックで行われる治療法ですから内服薬や外用薬を併用することで発毛効果を高めることができるので、すぐに若年性脱毛症を改善したいという方はカウンセリングで相談してみるといいですね。